« タティングレースの付け襟 | トップページ | 亜麻を紡ぐ その2 »

2014/11/05

亜麻を紡ぐ その1

唐突ですが、9月下旬から、亜麻手紡ぎワークショップに通っています
亜麻の茎から繊維を採り、紡ぎ車で糸にし、リネンの布が織れたら素敵だね というコンセプトのワークショップ
羊毛の紡ぎは良く聞きますが、亜麻の紡ぎって珍しいでしょ?
紡ぎ車や手織りにすごく興味があったので参加は即決でしたo(*^▽^*)o

教えて下さる先生は、自ら亜麻を栽培されていて、ワークショップで使わせていただく亜麻も一部先生の作った亜麻なんですね〜

プランターでも簡単に育てられますよ♪と種もわけていただきました!
観賞用の亜麻とは種類が違うそうですが、可憐な青い花はおんなじです
来年、庭に植えよう〜

亜麻の繊維って初めて見たけど、ホントに髪の毛みたいです
亜麻色の〜♪歌の歌詞の髪の色はこんな色なのねーと納得!
4848

これを紡ぎ車でカタカタ…と紡いでいきます
自分の写真は撮れないので、他の参加者の方の手元を撮らせていただきました
4846

なにせ紡ぎ車は初めてなので、細くする事ができないし、撚りのかけ具合が難しいです 私はすぐグルングルンになっちゃいます

長い繊維を採った残りのこんな短い繊維でも糸にできるのだそうです
4850
長い繊維は光沢があって、短い繊維はマットな感じの糸になるそうです
紡ぎやすさというか、相性・好みを言わせてもらうなら、私は短い繊維の方が紡ぎやすいかな

2回の参加でここまでできました
この後は、とりあえず織ってみよう!ということでコースター作りに挑戦します!

先生の活動は、こちらで詳細をご覧頂けます →
ワークショップは随時参加者を募集していますよ →

クリックありがとうございます!かなり励みになります!

 ↓↓↓

|

« タティングレースの付け襟 | トップページ | 亜麻を紡ぐ その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亜麻を紡ぐ その1:

« タティングレースの付け襟 | トップページ | 亜麻を紡ぐ その2 »