« 亜麻を紡ぐ その1 | トップページ | 亜麻を紡ぐ その3 »

2014/11/07

亜麻を紡ぐ その2

前回に引き続き亜麻紡ぎのお話

ある程度の量の糸が紡げたので、単糸の状態でコースターを織ってみます

初めて紡いだ糸は、太さや撚りがばらばらで見かけが悪いけれど、それが味
だんだん上達するときれいな糸を紡げるようになるので、最初の頃のような糸を紡ごうと思っても紡げないのだとか
なるほど、出来の悪さを慰められているような気もしますが、最初はそれでいいのだと納得できました

4887_2

単糸は細いので時間がかかります〜 もくもくと織ります…
ネップが目立つね〜(;´▽`

織り上がりを見てみましょう

4919

右が私 味があります!(*^m^)
フリンジが短くて洗いをかけると無くなっちゃいそう!
左は先生が双糸で織ったもの 綺麗です.。.:**:.。
ゆくゆくはこんな感じのを作れたらいいなぁ〜〜

クリックありがとうございます!かなり励みになります!

 ↓↓↓

|

« 亜麻を紡ぐ その1 | トップページ | 亜麻を紡ぐ その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亜麻を紡ぐ その2:

« 亜麻を紡ぐ その1 | トップページ | 亜麻を紡ぐ その3 »