« タティングレースの付け襟 | トップページ | 新作のご紹介 »

2015/03/29

亜麻を紡ぐ 〜 フキンを織ってみた

久しぶりに亜麻ネタです
昨年秋から、月2回のペースで亜麻のワークショップに通い続けてまして
このたび、フキンを織り上げることができました

繊維が糸になって、糸から布になって、その布で生活用品を作る
日常の暮らしに使うものをいちから自分の手で作り上げるって、すばらしい!
ちょっと感動です
自給自足の充実感ってこういう感じかしら〜(自給自足したいわけではないですよ)

亜麻の繊維はネットで購入しました

5235

ベルギーリネンです すごく柔らかくて最初は紡ぎにくかった…

5121

これだけの量を紡ぐのに、3回くらいワークショップに通ったかしら
この後、さらに倍の量紡ぎました
私としてはけっこう細く紡げてると満足してたのですが、その後やはりへこむことになるのです

双糸にしてみました

5233

きつめに撚りすぎたのか、太くなってしまいました  へこみました
タコ糸みたいだ
まっ、最初だし、単糸はまだ残ってるから、この次はもう少し甘めにしよう

織ってみます
ワークショップの先生が「今使ってないから〜」と古い織り機を貸してくださいました
助かります!できればこれ、買い取りたいくらいです!(先生にはあっさり断られました)

5200

経(たていと)は市販の40/2リネン 手紡ぎ糸を使いたい所ですが、強度に不安があるので市販糸にしました
本やネット動画を参考に、初めて経を張るも、キツく張ることができなくて、苦肉の策で後方に物差しをはさんで糸調節
邪道だと思ったら、織物の本におんなじやり方が載ってました
間違ってなかったのね、私

しかし、強く打ち込めなくて目がスカスカ 経も細かったようです

3枚のフキンが織り上がりました ミミが不揃いなのはご愛嬌ってことで

5231

ガンガン洗って、乾いてからモミモミほぐしたらいい感じに柔らかさがでました
端はミシンで縫ってあります
一番左がこれまで紡いできた亜麻 やっぱり太いわ〜 フキンというよりタオルって感じ
真ん中と右は、経と緯、同じ糸(40/2リネン)を使いました

卓上織り機では、固く打ち込むのがなかなか難しいと聞きます
次は、40/2リネンより一段階太い糸で織って比較してみたいと思います

5228

いつか『手織りのリネンふきん』で売りだしたい。。。

クリックありがとうございます!かなり励みになります!

 ↓↓↓

  

|

« タティングレースの付け襟 | トップページ | 新作のご紹介 »

コメント

お探しの方は必見です カタログなどを見て「グランドセイコーは真面目っぽい…」って思っていませんか! この正面からの写真では単なる長方形の腕時計に見えますが、なんと腕に添うように時計本体が弓なりにカーブをしているのです!大胆なりゅうずガード、かん足、多面にザラツ研磨による鏡面仕上げを施したケースは、光を受けて輝きを放ちます。
2002年より完全独立を果たし、スイスの自社工場で生産される事になったベル&ロスの腕時計、2005年についにベル&ロスの最大のヒット作であり、ベル&ロスを代表するモデルが誕生します。
2002年にはSINN社から独立しました。
基本的には、バイクに乗ってる時用に購入しました。
日本が誇る技術に、本物の自信が宿る。
日本が世界に誇るセイコーのフラッグシップモデル、グランドセイコーからは9Rスプリングドライブ。
2017年にグランドセイコーは独立したブランドになって、ロゴがSEIKOからGSに変わったのもお洒落です。
一生モノとか関係なしに、お洒落を楽しむための逸品。
また、傷取り(新品仕上げ)に関してもメーカー同様の機材を導入しているため、あらゆる修理に対応させていただくことができます。
人気ブランドBell & Ross(ベルアンドロス)の商品一覧。
クラシカルなデザインで優雅な雰囲気がたまりません。
この「SBGM227」は艶っぽいと言うかラグジュアリーと言うか、なんとも言えない雰囲気があるグランドセイコー。
かなり色気のあるダイバーズウォッチ。
ブラックフェイスの精悍なダイヤルに映える赤針の24時針と、24時間表記が大胆に刻印されたベゼルが、力強さと存在感をアピールしています。
そのきっかけは、有名ブランドのカタログでの使用が大きいと言われています。
BR02はBR01シリーズとは異なるルックスのトノー型(樽型)を採用。
卓越した技術だけでなくブランド別に専用の工具を使用していたり、工程別に徹底した分業が図られていたりと、高度で安定した仕上がりを目指している業者であれば安心して全てを任せることができるでしょう。

ブランドスーパーコピー https://www.cocoejp1.com/ProductList.aspx?TypeId=078515298787363

投稿: ブランドスーパーコピー | 2020/06/01 22:04

shinodaさん

こんにちは!
この亜麻繊維はアナンダさんのネットショップで購入しました。
アドレスはこちらです
http://ananda.jp/index.htm

亜麻繊維を売っているところはあまり無いですよね。
私もかなり探して、その中でもアナンダさんがお安かったですね。
他には、金の羊さんでも取り扱っていますよ。
http://www.hitsuji.co.jp/

いい亜麻が手に入るといいですね(o^-^o)

投稿: chi-yagi | 2016/04/13 20:18

こんにちは。
亜麻の繊維を購入できるところを探していてこちらのブログを拝見してます。
2015/03/29のベルギーリネンの紡ぐ前の状態のものはどちらで購入されたかお教えいただけませんか。
よろしくお願いします。

投稿: shinoda | 2016/04/13 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亜麻を紡ぐ 〜 フキンを織ってみた:

« タティングレースの付け襟 | トップページ | 新作のご紹介 »